#10000

10,000時間の経験、1,000時間の経験、100のアウトプット

ItsAllApologies

f:id:fromsea:20180519213035j:plain

今年5月で生まれてから27年の月日が経ったことになる。

 

27歳といえば、かのロックレジェンドたちがそろってバイバイした歳である。私は当時の彼らと同じ年ということだ。同じ目線にたっているということか??チャック・ベリーと?あの時のカート・コバーンと??そんなわけないやろ。

思えばカート・コバーンがいけない。

中学の時まで僕は、勉強も運動もできないがそこそこ目立つほうだった。

15歳の時にニルバーナを聴いて以来、僕は陰キャというやつになった。高校一年生の時だった。それから、『CROSSBEAT』に載っている洋楽アーティストをYoutubeで聴きまくり、僕は順調に周囲の会話の中心から遠ざかっていった。

みんなが湘南乃風を聞いているときに、僕はSlipknotを聴いて頭を縦に振っていた。

みんながGreeenを聞いているときに、僕はアークティックモンキーズを聴いて「これが世界やで!!」って心の中で思っていた。

あれからメインストリームに這い上がることがいまだにできていない。

 

僕は今からメインストリームというものに這い上がることができるのだろうか。そもそもそんなものはあるのか?そんな鬱々とした思考を並べて番号をつけてどっかにやるため、ここに書き連ねていこう。

 

ーーー

高校生になって初めて行った古着屋で、服を買わずに買ったカートコバーンのフィギュアは、高校卒業してからの実家の引っ越しで母ちゃんにギターをへし折られたけど、今はそこそこいい値段がついてるようだ。にしても高すぎる。

 

http:// http://amzn.asia/6rBNg3T

 

 ーーー

久しぶりに聞いたニルバーナはやはり何物にも代えがたいなあ。

youtu.be

 

ニルバーナを聞いたら続いて聞きたくなる。

youtu.be

 

Sliknotは当時はやっていたやつしか聴いてないけど、やっぱくそかっこいいと思う。

youtu.be

 

アクモンはやっぱりこれが好き。派生してUKインディを聞き始めたな。

youtu.be

 

本日は以上。