最大多数の自己的最大幸福

社会をより良くしたいと考えるのも、自己の幸福のため。家族や恋人と良い関係を気づくのも自己の幸福のため。友人を大事にするのも自己の幸福のため。私は結局自己の幸福を最大化させるために生きているということを受け入れました。

クリエイターとして上り詰めるにはどうしたらよいかわからない夏の夜

俺はクリエイターとして上り詰める。 デザインもコーディングもモデリングも全て同じ。 批評家になるな、クリエイターになれ。 その時点での自分の実力をいくら誇示しても意味ない。 次の作品の時にはさらに自分は成長しているのであるから。 自分は常に成長…

動きがない日は得られるものも少ない。

本日は姉貴がやって来た。 朝は割りと早起きしたが、昨日の夜ルーティンの処理で何だかんだ、11時過ぎになってしまいそれから朝ルーティンとスケジュールの立ち上げに時間がかかった。 朝ルーティンの途中で、ボディスキャンの瞑想をいれたら、そのまま2…

働くべきか、働かざるべきか。自分が世の中と心を開きあうためにはどうしたらいいのか。

今日は学校があった。 JavaScriptの入門、関数とイベントについて。 イベントはhtmlタグを取得し、イベントリスナーに、該当イベントを設置し、関数を実行。 今の段階で学んでいることは気にせずバイトを始めた方がいいか、それとも課題の制作を進めた方が良…

色々と自己の棚卸し

今日は、一日中家にいた。 その中でやったことは、11時ぐらいから活動を開始し、 Daigoさんの「ストレスを操るメンタル強化術」という本を読んでいた。 内容は主に、内向的性格を持つ人間の失敗に対するマインドの処理の仕方、ストレスの対処法、内向的性格…

私の幸福と仕事の関係①

私の幸福と仕事の関係。 現在無職の私ですが、生活続けていくためには、何かしらの手段でお金を得る必要がある。 ということについて考えたいのであるが、本日は頭が働かないため。また明日とする。

幸福をえたい自分ですが、そのために成長って必要なのだろうか。

成長は自己的幸福最大のために必要か。 今年は、会社をやめて学校に行っている。 自己の成長のためだ。 自分の成長は、自己の幸福のために役立つだろうか。 以下のように考えてみた ▼成長感を感じること自体が、幸福に繋がる ◎成長感を感じるということは、…

からだがだるい。中間課題が不安。技術的課題。

からだがだるい。たんぱく質不足だろうか。とりあえず朝一でプロテインをとった。 どうしたらいいのかわからない。 中間課題が不安だ。 何かを作らなければならないことをは決まっているが、 それが作りきれるかわからない。 そして作りたいものをある程度決…

けっかふざのしかた

結跏趺坐のしかたがわからない。 Googleの画像検索などで色々調べてみたけれども、なかなかうまくいく方法がわからなかった。 どうしても写真通りの、脚の付け根に踵を奥というかたちで落ち着かない。 明日からは、とりあえず半跏趺坐で頑張りつつ、以下など…

▼概要 一日中家で中間課題の企画 ▼目標 ルーティンの達成 ▼達成 ◎Prosessing setup,draw ◎Swift こんにちは ◎Unity ボードとボール ◎C# Start,Update ◎Arduino ランプ ◎Ai 三角形 ◎Ps 美しい人のグラフィックデザイン ◎トイレ掃除機 ◎瞑想30分 ▼成長 瞑想を…

180703a

おはようございます!今日も頑張りましょう! 本日の目標 ◎Prosessing setup,draw ◎Swift こんにちは ◎Android こんにちは ◎Unity ボードとボール ◎C# Start,Update ◎Arduino ランプ ◎Ai 三角形 ◎Ps 文字 ◎トイレ掃除機 ◎瞑想30秒 ◎バーピー1回

180702

▼概要 朝、ワールドカップを見なかったことに絶望 学校でArduino課題の発表 ▼目標 学校に行って課題発表 ▼達成 学校に行って、一応課題発表の打席には立った ▼成長 Arduinoのセンサーを複数つける方法がわかった ▼よかったこと 好きなことラインしたこと 電…

さげあう文化に対抗し、しなやかなマインドセットをもつ。

サッカーであれ、映画であれ、特定の価値観やイデオロギーにしたがって相手を下げ合うマインドは、自身にとっても自身が接する社会にとっても良い影響はもたらさないだろう。 自分は少しでも成長したいと思う。 今回のW杯に限らず、スポーツを見る目は、負け…

本日のログ

本日の思ってから行動までの時間が一番長かったこと ・駅の近くで車いすに乗っている老人が、スロープをバックで戻ろうしているところを手助けしようと思ってしなかった ・バス停で待っている子に話しかけたかったが話しかけなかった 本日最も感動したこと …

ItsAllApologies

今年5月で生まれてから27年の月日が経ったことになる。 27歳といえば、かのロックレジェンドたちがそろってバイバイした歳である。私は当時の彼らと同じ年ということだ。同じ目線にたっているということか??チャック・ベリーと?あの時のカート・コバーン…